アフターコロナの成功例!売上を伸ばした対策とは?

アフターコロナの飲食店の成功例が知りたいと思いませんか?

今回のコロナウィルスは、感染拡大を防ぐ自粛で多くの飲食店が売上を落としました。

そこで今回の記事では、アフターコロナで売上を伸ばすことに成功した成功例を紹介。

実際に、効果を発揮した対策と、具体的な改善案を分かる解説していきます。

ぜひ最後までご覧ください。

 

アフターコロナで売上を伸ばした対策

アフターコロナで売上が減少する傾向の強い飲食店ですが、実はV時回復を果たしたお店も複数存在します。

実際に、アフターコロナの対策として活用され、効果を発揮した物は以下の通りです。

  • 支援を利用した店舗のリニューアル
  • オンライン販売の開始
  • 感染のリスクを下げたサービスの提供
  • 定額サービスの導入

それぞれ詳しく解説していきますね。

 

<h3>支援を利用した店舗のリニューアル</h3>

アフターコロナの海外飲食店などで多く見られる成功例です。

支援金を利用して自粛期間中に店舗を改装し、自粛が緩和された段階でリニューアルオープンし再スタートすることで、集客効果を増やす効果があります。

【リニューアルのポイント】

  • コロナ対策の融資制度を活用できる『最大8000万円』
  • リニューアルによって新規顧客の獲得に繋がる
  • コロナを配慮した内装に変更できる

 

日本でもコロナ時代の支援対策として、事業主や会社向けの融資制度があり、最大8000万円まで融資を受けられるのは、むしろお得です。実際に、リニューアルオープンした成功例は以下をご覧ください。

 

○個室ありの定食屋にリニューアル

築年数がたち、老朽化していた建物を、コロナの融資制度を活用しリニューアル。

個室を完備した内装に改装することで、安心感が生まれ売上アップに成功しています。

 

○店舗を地方に移してリニューアル

支援金を使った方法の1つで、都内などで展開していた店舗を感染率の低い地方に移して成功した例です。家賃面などのコストを大幅に下げることができるので、コストカットにもおすすめです。

 

○店舗の設備を減らしてリニューアル

店舗の規模や大きさを拡大するのではなく、縮小することで成功した例です。

冷蔵施設などをコンパクトにすることで、電気代などのコストカットを実現しつつ、リニューアルで売上を伸ばしています。

 

オンライン販売

オンライン販売の活用は、重要なポイントの1つです。

実店舗と違いオンライン販売は、人件費などのコストカットができる上に、店舗が無い地域に向けても郵送・販売ができる対策になります。

そのため、今までは店舗との距離があり、食べにこれなかったお客様などにも商品の魅力を伝えることが可能です。

【オンライン販売のポイント】

  • 店舗に来ないお客様にも販売可能
  • 今後の来店に繋げられる
  • 販売範囲を全国に広げられる
  • 人件費がかからない

オンライン販売は、コロナ収束後も売上に貢献できるサービスなどで、導入して損はないでしょう。

具体的に、オンライン販売で成功した例は、以下の通りです。

 

○オンライン販売+クーポンプレゼント

オンラインでのお弁当販売などに、実店舗で使えるクーポンを付ける対策です。

コロナが治まった後の来店に繋げる効果もあり、実際に売上回復した店舗もあります。

 

○限定メニューをオンライン販売

オンライでしか買えない限定メニューを出すことで、販売率を上げる方法。

実店舗に行きにくい今だからできる、限定的な対策です。

 

○人気メニューをオンラインで復活

人気メニューをオンラインで販売するのは、おすすめです。

老舗の飲食店などでは、常連のお客様のために看板メニューをオンラインで販売し売上回復した例が多くあります。

 

感染のリスクを下げたサービス内容に変更

サービス内容の変更と改善は、コロナ時代で成功するために1つのポイントになります。

今まで通りのビジネスモデルは、対面で多くの人が商品やサービスを購入することが主流でした。

ですが、現在は対面で物を販売する場合は、感染のリスクも高く集客は上手くいきません。

そこで、感染のリスクを下げた形の接客や、席の配置などに変更することで、コロナ時代に適した飲食店サービスに変わることができます。

【サービス内容変更のポイント】

  • 感染リスクを下げる壁などの設置
  • 座席の間隔を開けた開放的な空間の活用

 

具体的に、リスクを避けて、成功した例は以下のようなイメージですね。

 

○屋形船の改善例

2席ごとにカーテンで区切り、カップル用のコース料理を開始。

新規顧客のカップルを多く獲得し、売上が回復。

 

○レストランの改善例

完全予約制に変更することで、常連のお客様が戻り売り上げが安定化。

 

○カフェ

室外のテラス席を増やして、3密を避けた開放的な作りに変更。

座席の間隔が広くなったことで、来店数が増加。

 

 

定額サービスの導入

1ヶ月契約の定額サービスを導入して、成功した例も存在します。

月額1万円などで、お昼のお弁当を届けるサービスなどを展開することで、定期的で安定した利益に繋げることが可能です。

【定額サービスの導入のポイント】

  • 定期的な固定収入に繋がる
  • 常連のお客様に商品を届けられる

 

料理のお届けサービスは、ウーバイーズなどの王手企業もありますが、地方などの場合はカバーされておらず料理の配送サービスはかなり需要があります。

実際に、地方の店舗でも定額サービスの導入で売上が20%程回復した事例もあり、詳しい事例は以下の通りです。

 

○常連のお客様に向けた弁当の配送

月額1万円程度のお弁当宅配サービスを導入して成功した例です。

人気メニューなどを宅配することで、常連のお客様のニーズに答えることができます。

 

○在宅へのランチ弁当の配送

住宅街に近い立地の場合は、在宅勤務向けのランチ弁当の配送もおすすめ。

コロナで在宅勤務が増え、お昼ご飯を手軽にできるランチの配送は需要が高まっています。

 

○高齢のお客様に向けた健康弁当の配送

地方の飲食店などで、多くの効果を発揮するサービスです。

月額数千円程度から、健康を意識したランチ弁当の配送を行い、売上回復につなげた事例も多くあります。

 

まとめ

今回の記事では、アフターコロナの飲食店の成功例を紹介してきました。

支援金やオンライン販売そして、コストカットなど複数の対策を組み合わせることで、売上を伸ばした飲食店は存在します。

紹介した下記の4つの対策は以下の通りです。

  • 支援を利用した店舗のリニューアル
  • オンライン販売の開始
  • 感染のリスクを下げたサービスの提供
  • 定額サービスの導入

ぜひ今回の内容を参考に、アフターコロナの飲食店経営に役立てて頂ければと思います。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人とモノをつなぐ支援型ECサイト

オンラインヨガ『fly』