コロナウイルス状況下での接客方法!5つの対策と注意点を解説

コロナウィルス状況下では、どのような接客方法が良いか、ご存知ですか?

ウィルスの感染リスクを下げながらも、接客をする難しさを感じている方も多くいるでしょう。

そこで今回の記事では、実際にコロナウィルス状況下で行われている接客方法や対策を紹介。

実際に国や研究所の発表している、内容を分かりやすく解説しているのでぜひ最後までご覧ください。

 

コロナウィルス状況下での接客方法

コロナウィルス状況下での接客は、一定の距離を保った接客方法がおすすめです。

以前の接客は、お客様との距離を詰めた親身な接客が主流でした。

ですが、現在の日本では接触頻度を下げて、感染予防を徹底した接客が求められます。

【コロナウィルス状況下の接客ポイント】

  • 飛沫感染のリスクを下げる
  • 安全かつ完結に商品の魅力を伝える
  • 接触頻度をできる限り下げる
  • 感染予防に努める

 

実際に上記の条件を整えるための、コロナウィルスへの対策は以下の通りです。

  • マスクの着用【紙マスクがベスト】
  • 定期的な換気【換気扇・サーキュレーター等】
  • 30分に1回の手洗い【+アルコール消毒】
  • 店内各所の消毒【ドアノブ等】

5.検温と入店規制【37.5度以上は制限】

それぞれ分かりやすく解説していくので、早速見ていきましょう。

 

1.マスクの着用【紙マスクがベスト】

接客の際は、紙マスクの着用を心がけましょう。

コロナウィルスの生存時間は、紙やダンボールの上では最も短くなるため、紙マスクは有効です。

【コロナウィルスの付着場と生存時間】

  • プラスチック:2日~6日
  • ガラス:5日
  • 金属類:4~5日
  • 紙・ダンボール:24時間

※中国理化学研究所発表の内容を参照

また、飛沫感染を防ぐ効果もあり、紙マスクは布マスクより20%以上、空気中の微粒子を遮断する効果もあるので、出来る限り紙マスクを利用した接客がおすすめです。

 

〇マスク着用の際の注意点

マスクを着用しての、接客を行う場合は普段より声量を上げましょう。

マスクの着用は予防と同時に声の妨げにもなるので注意が必要です。

コミュニケーションの悪化は、トラブルの原因にもなるので、しっかりと研修や体制の見直しも意識するのが大切です。

 

2.定期的な換気【換気扇・サーキュレーター等】

店内の定期的な換気は、接客の際の三密を防ぐ対策になります。

窓を開ける又は、換気扇を回すなどを行うことで、空気の密閉を軽減できるので、1時間に5分低度換気を行いましょう。

また、換気を行う際は、できる限り多くの換気扇や窓を利用することで、換気効果が高まります。

店舗の換気に活用できる設備は、できる限り多く活用しましょう。

 

○換気の際の注意点

換気を行う際の注意としては、エアコンは換気には入りません。

エアコンは室内の空気を冷却して、部屋に戻しているだけで、新しい空気を外からの運ぶ機能は無いので要注意です。窓を開ける、換気扇を回すなど有効な換気方法を取らなくてはいけません。

 

3.30分に1回の手洗い【+アルコール消毒】

コロナウィルス状況下での接客は、手洗いも欠かせない対策の1つ。

実際に15秒の手洗いで、手に付着したウィルスの99%は洗い流すことができます。

【手洗いの際のポイント】

  • 手のひら、腕、指など細部を手洗い
  • 人への熱湯による消毒は行わない
  • アルコール度数70%以上で消毒

※厚生労働省発表の内容を参照

定期的な手洗いを心掛け、感染確率を確実に下げた接客を心掛けるのが大切です。

 

○手洗いの際の注意点

手洗いの際は、熱湯によって消毒することは危険なので、行ってはいけません。

お湯での消毒を行う場合、52度以上の物でないと効果が無い為、人体に向けてのお湯での消毒は止めておきましょう。

 

4.店内各所の消毒【ドアノブなど】

接客を行う際は、店内の消毒も徹底して行いましょう。

コロナウィルスの感染は、飛沫感染以外にも、ドアノブや家具を触ることで接触感染する場合があります。

実際に店内の消毒を行う際は、以下の手順で、消毒を行うのがおすすめです。

【消毒の手順】

①消毒効果のある濃度の消毒液を作成又は購入

②消毒効果のある消毒液での拭き掃除

③上記②の作業から5分後に布等で乾拭き

※経済産業省の資料を参照

また、店内の消毒は人体の消毒と違い、有効的に使える消毒液の種類も違い、詳しくは下記を参考にしてください。

【消毒箇所と消毒物】

  • 食器類:80度以上の熱湯
  • テーブやドアノブ:次亜塩素酸ナトリウム濃度05%【漂白剤】
  • 床や壁:有効塩素濃度80ppm以上の水

※厚生労働省発表の内容を参照

○消毒の際の注意点

人体に使えない消毒液なども物に対しては有効ですが、付着した場合肌荒れの原因になります。

消毒液を利用した店内の消毒は、手袋などの防御をした上で行いましょう。

 

 

5.検温と入店規制【37.5度以上は制限】

検温の実施と入店制限は、大きな効果のある対策です。

感染の疑いのある方の入店を事前に拒否することで、他のお客様への感染リスクを下げる働きがあります。

検温用の装置は、インターネット上で1000円程度で、販売されているので、購入しておくと便利です。

 

○検温の際の注意点

強引な入店拒否はトラブルが発生する原因になります。

お客様の合意を頂いた上で、制限できるとう落ち着いた、ペースと口調で入店をお断りしましょう。

より多くのお客様に、安心してサービスを提供していくのが、大切です。

 

まとめ

今回の記事では、実際に接客の際に有効な、コロナウィルス対策を5つ紹介していました。

ご紹介した接客の際のコロナウィルス対策の内容5つは、以下の通りです。

  • マスクの着用【紙マスクがベスト】
  • 定期的な換気【換気扇・サーキュレーター等】
  • 30分に1回の手洗い【+アルコール消毒】
  • 店内各所の消毒【ドアノブ等】
  • 検温と入店規制【5度以上は制限】

 

どのような時代でも適した接客と、予防をすることで、ウィルスの感染は予防を行い、感染拡大を防ぐキッカケを作ることは可能です。

一方で三密などの事態にならないよう、随所店舗の込み具合など把握し、コントロールしていくことも重要なのではないでしょうか?

今回の記事を参考に、ぜひコロナ時代の接客に役立役立てると共に、感染予防に活用して頂ければと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人とモノをつなぐ支援型ECサイト

オンラインヨガ『fly』