コロナウィルスの売上対策!受けられる支援も紹介します

コロナウィルの影響で下がった売上を上げる方法をお探しですか?

会社や事業の落ち込んだ売上を、向上させるには正しい対策と支援の利用が不可欠です。

今回は記事の前半では、「コロナウィルスで落ち込んだ売上を向上させる方法」を紹介。

そして記事の後半には、「事業や会社向けの受けられる支援金制度7つ」にも触れておいきます。

この記事をめば、的確な対策や支援を受けるキッカなるのでぜひご覧ください。

 

コロナウィルスの売上向上対策

コロナウィルスで下がった売上を、向上させるには以下の2つが重要です。

  • コロナの売上対策①在宅&オンラインの活用
  • コロナの売上対策②マーケティング方法の改善

ウィルス状況下の中では、今まで行ってきた経営方法や、商品では売上を伸ばすことは難しくなっています。

そのため、感染の確立を下げられるオンラインを活用した商品の販売や、マーケティング方法が重要になってくるのです。

 

コロナの売上対策①在宅&オンラインの活用

コロナ時代の売上対策として需要なのは、元々あった商品をオンラインや在宅向けに改良することです。

その理由は、コロナ時代に生まれた行動パターンにあります。

 

【コロナ時代の行動パターン】

  • 自宅にいる時間が増え、外出しない
  • 人を避けるためオンラインでの活動が主流

 

上記の行動パターンを取る人が増えた今、「在宅でオンラインから購入できるサービスや商品」という形のサービス提供に対して需要が伸びているのです。

具体的には、「お店で販売していたメニューの作り方が分かる、オンライン料理教室」などのように元々人気のあった商品をオンライン対応した物に変化させることが重要になります。

実際に売上を伸ばすことに繋がった、アイデアは以下の通りです。

 

○個人レストラン→レシピの販売

人気のメニューのレシピを、オンライン上で販売し売上回復

 

○トレーニングジム→オンライン筋トレ講座

ビデオ通話などを利用して、自宅でできるオンライントレーニングの教習を配信・

 

○定食屋→地元限定で弁当の配達

地元の常連客の方に向けて、弁当のデリバリーサービスを開始し売上回復

 

このように、元々人気だったサービスに、一手間加えるのは効果的で、中には落ち込む以前の売上よりも13%以上売上を伸ばしたケースもあります。

元々の商品をオンラインや在宅向けに改良し、売上向上を目指しましょう。

 

コロナの売上対策②マーケティング方法の改善

コロナウィルスの売上対策として、コロナ時代向けのマーケティング方法に変更するのも1つのポイントになります。

実際に、コロナウィルス以前のマーケティング方法と、コロナ時代のマーケティング方法は大きく変化しているためです。

【コロナ時代のマーケティングのポイント】

・オンラインを活用したマーケティングを重視

・少ないコストで宣伝し費用のかかるCMなどは避ける

・実店舗だけでなくオンラインで完結する販売も行う

更に具体的なマーケティングの対策を知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

【URL設置】「コロナ時代の集客方法は?飲食店のマーケティング法5選」

 

使える支援金は?全7種類の制度

ここまでは、コロナウィルスの影響で落ち込んだ売上を改善する対策を紹介してきました。

ですが対策がでるまでの間に、事業の運営資金や、従業員への給料など、金銭的問題も発生するでしょう。

そこでここからは、金銭的な問題を解決するための、事業主や会社向けの支援金銭制度を紹介していきます!

具体的に受けることがでくる、便利な支援制度は以下の7つです。

  • 雇用調整助成金
  • 休業要請協力金
  • 持続化給付金
  • 緊急小口資金
  • 無利子・無担保融資
  • 家賃支給 給付金
  • 減税・支払いの納付猶予

それぞれ詳しく解説していきますね。

 

雇用調整助成金

従業員への給料の確保に使える助成金制度です。

コロナウィルスによって休業した日数分の給料を、国に負担してもらうことができます。

【支援制度の詳細・考察】

  • 支援の内容:職員の給料補助
  • 支援金額:1日最大1万5000円(1人当たり)

仮に5人の従業員で10日間休業した場合は、15000(円)×5(人)×10( 日数)で最大75万円の支給を受けることが可能です。

雇用している従業員のリストラなどを避けるために、雇用調整助成金はぜひ利用してみましょう。

 

休業要請協力金

休業要請に協力し休業した場合に貰える、支援金の1種。

各都道府県からの休業要請に応じた場合に、協力金として一定の金額が支給されます。

【支援制度の詳細・考察】

  • 支援の内容:事業費の一部を負担
  • 支援金額:最大30~100万円

協力金はあくまで、コロナウィルス拡散防止に協力したことに対する支援金なので、事業利益が全て支払われる訳ではありません。

申請方法や金額は各自治体や都道府県のホームページから確認可能です。

 

持続化給付金

コロナウィルスで去年と比べて落ちた売上の部分を、支援してもらえる制度。

去年の売上が300万円で、今年の売上がコロナウィルスの影響で100万円の場合、去年との差額200万円を支給して貰える制度になっています。

【支援制度の詳細・考察】

  • 支援の内容:去年の利益との差額を支給
  • 支援金額:最大200万円
  • 支援条件:月利が去年と比べて50%以上下がった場合

コロナウィルスの影響で、去年より売上が大幅に下がった場合に、ぜひ利用したい制度ですね。

 

緊急小口資金

一時的に生活資金の確保をしたい場合に使える制度のこと。

あなたが住む市区町村の社会福祉協議会に、申請することで受け取ることができます。

【支援制度の詳細・考察】

  • 支援の内容:去年の利益との差額を支給
  • 支援金額:最大20万円

注意点としては、資金を受け取った場合、返済が必要になるので、覚えておきましょう。

 

無利子・無担保融資

各都道府県で5年間無利子の借入ができる制度です。

利子がつかずに借入られるので、店舗のリニューアルなどにも利用できます。

【支援制度の詳細・考察】

  • 支援の内容:5年間無利子&無担保借入
  • 支援金額:最大8000万円

個人事業などは、通常600万円までの所を今回は特例で、上限が8000万円まで引き上げられているので、事業の拡大や再構築に最適です。

 

家賃支給 給付金

仕事に利用している建物の家賃の支払いに便利な、給付金制度です。

月の家賃の3分の2×6ヶ月分の支給を受けることができます。

【支援制度の詳細・考察】

  • 支援の内容:住居の家賃に利用する資金を支給
  • 最大金額:法人600万円・事業300万円

仮に家賃30万円の場合は、3分の1の20万×6ヶ月で120万円が支給されるのです。

申請した場合6ヶ月分の給付金がまとめて、受け取れるため先ほどの例の場合は、120万をまとめて受け取れることができますよ。

 

減税・支払いの納付猶予

納税するためのまとまった資金の要因が難しい場合におすすめの制度。

コロナウィルスの影響で納税が困難な場合、1年間の納税猶予が与えられます。

【支援制度の詳細・考察】

  • 支援の内容:納税までの期間を延長
  • 最大金額:無し

直接的に資金を貰える支援ではありませんが、納税を遅らせられる分、支払いによゆうをもって準備することが可能です。

他の支援を掛け合わせることで、金銭的な負担を軽減すると良いでしょう。

 

まとめ

今回の記事では、コロナウィルスの売上対策や使える支援制度を紹介してきました。

コロナ時代の売上向上のためには、「既存の商品をオンラインで在宅向けに開発する」ということが1つのきーになります。

また、もし売上向上が難しい場合は、今回紹介した下記の制度の活用がおすすめです。

  • 雇用調整助成金
  • 休業要請協力金
  • 持続化給付金
  • 緊急小口資金
  • 無利子・無担保融資
  • 家賃支給 給付金
  • 減税・支払いの納付猶予

 

ぜひ制度や対策を駆使して、コロナ時代の売上を守っていきましょう。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人とモノをつなぐ支援型ECサイト

オンラインヨガ『fly』