コロナ時代を生き残る!飲食店に欠かせない復活方法を紹介

飲食店がコロナ時代を生き残る方法をお調べですか?

今回のコロナウィルスの影響で多くの飲食店が影響を受けました。

そこで、今回の記事では、生き残りの対策として有効な7つの対策を紹介していきます。

実際に効果を発揮している対策を、詳しく解説していくのでぜひ最後までご覧ください。

 

コロナ時代を生き残る為の復活方法7つ

新型コロナウィルスの影響で、利益が下がるという状況は、かなり痛手ですよね。

ウィルスの対策に加えて、売上を上げる対策など、多くの対応に迫られているでしょう。

そんなコロナ時代を生き残るには、「低コスト化」と「最適化」の2つが重要になってきます。

【復活のポイント】

  • 低コスト化:コストを抑えて長く生き残る
  • 最適化:コロナ時代にあわせたスタイルに変え利益を回復を目指す

出費を抑えつつも、コロナ時代にあわせた形に変えていくことが大切です。

具体的に「低コスト化」と「最適化」をするための、方法は以下の7つになります。

 

  • 運営規模の縮小とコストカット
  • お店の賃貸料金の値下げ交渉
  • モチベーションの維持
  • 支援金の受け取りと活用
  • ダイレクトなマーケティングの活用
  • インターネットの活用
  • 従業員の雇用断続

 

それぞれ詳しく解説していきますね。

 

運営規模の縮小とコストカット

まず行うべき「低コスト化」の具体として、運営規模の縮小とコストカットがあります。

コロナの影響がいつまで続くかわからない状況では、出費を抑えて資金をショートさせないようにすることが重要です。

【運営規模の縮小とコストカットのポイント】

  • 資金をショートさせない
  • 店舗の寿命を伸ばす

 

具体的に行う対策としては、店舗数の縮小と商品数の制限などを行うことで、人件費や家賃などを抑えることができるでしょう。

 

○具体案①店舗数の縮小

2店舗以上経営している場合に、店舗数を減らしてコストをカットできる。

王手焼肉チェーングループや、個人的など幅広く取り入れている手法。

 

○具体案②商品数の制限

商品を人気メニューなどに制限することで、仕入コストや廃棄コストを下げられる。

 

お店の賃貸料金の値下げ交渉

お店の家賃料金の値下げ交渉は、重要なコストカットの1つです。

コロナの影響で不動産の契約を得るのも難しいため、家賃を下げてでも入居・又は店舗として利用してもらえることは不動産会社側としてもメリットになります。

 

【家賃交渉のポイント】

  • 3ヶ月減額など期間を決めて交渉
  • 今の期間は新しい契約が取りにくいことも伝える

家賃を下げて貰う期間を話し合いで設定し、一時的に家賃を下げて貰えないか交渉してみましょう。

 

○具体案①一定期間割引

3ヶ月など期間を設けて、一定期間家賃を下げて貰う方法です。

実際に都内の個人店などでは、多くがこの方法を導入しています。

 

○具体案②コロナ回復後○○年契約

コロナが治まってから○○年は、あなたの会社の不動産を借り続けますという約束のもと一時的に家賃の支払いを待って貰う方法です。個人店には難しく手法ですが、資金力や複数の店舗を持つ飲食店事業におすすめな方法です。

 

モチベーションの維持

モチベーションの維持は、飲食店を続ける上で重要なポイントになってきます。

実際にコロナの影響で早くも閉店を決めた飲食店は、売上の低下が理由ではなく、精神的な不安が理由で閉店を決めた事業主も多いためです。

【モチベーションの維持のポイント】

  • 一定期間休む時間を決める
  • 新しいことに挑戦する

モチベーションの維持のためには、一時的に休む期間を決めて一旦は休暇を取るなど、思い込み過ぎない環境を作るよう心掛けましょう。

もし自己回復が難しい場合は、無料の精神カウンセリングなどを受けるのもおすすめです。

 

支援金の受け取りと活用

支援金の受け取りと活用は、「低コスト化」と「最適化」2つの特性のあるコロナ時代の対策。

国や地方自治体が定めた、個人事業や会社向けの支援金を活用することで、資金のショートを防ぐことができます。

【支援金利用のポイント】

  • 様々なタイプの支援金を使い分ける
  • 資金のショートを最大限防げる

中には一定期間家賃を肩代わりしてくれる制度や数千万円の融資をうけられる制度もあるので、ぜひ活用しておきましょう。

詳しい支援金の種類や内容については、下記の記事でも紹介しています。

 

この位置に「コロナウィルスの売上対策!受けられる支援も紹介します」の記事へのリンク又はURL設置

 

マーケティング方法の活用

マーケティングの活用は、コロナ時代を生き残るために欠かせない「最適化」の動きです。

特にブログやSNSなど無料で使えるツールでの、お店の宣伝や情報発信は注目度が高く効果が期待できます。

【マーケティング方法の活用ポイント】

  • 無料で使えるツールを活用する
  • 接触無しで呼びかけできる

最近では、募金のように支援を集めながら、募金してくれた人に商品を送って恩返しするオンラインサービスなども登場していて新しい宣伝方法でのマーケティングは画期的です。

 

更に詳しいマーケティング方法に関しては、「コロナ時代の集客方法は?飲食店のマーケティング法5選」の記事をご覧ください。

 

インターネットの活用

インターネットの活用は、オンライン販売や支援の募集など様々な方法に活用できます。

コロナ時代に「最適化」する最重要なポイントとして、オンラインへの適応は欠かせません。

感染リスクを下げつつも、お客様に郵送などで商品を届けられるのは、全国にお店の魅力を伝えるチャンスにもなるのです。

【オンラインの活用ポイント】

  • 感染リスクの低下
  • 全国のお客様に届けられる

オンライン販売を簡単にできるようになる、サービスは数多く存在し、具体案なサービスを挙げると以下の通りです。

 

○BASE

オンラインショップを最短5分で開設できるサービス。

売上の一部が利用料としてとられるので、はじめるのは無料。

 

○キャンプファイヤー

募金や支援などを募れる、オンラインサービス。

支援してくれた人に恩返しで、商品のお届けなどができます。

 

○minne(ミンネ)

オンラインで手作りの料理を販売できるオンライン食事販売サービス。

飲食店経営者だけでなく、個人レベルでも出品が可能。

 

上記は有効的に使えるサービスなので、オンラインを活用する際が気軽に利用してみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<h3>従業員の雇用維持</h3>

今回の記事で最後に紹介するコロナ時代を生き残る飲食店の方法は、従業員の維持です。

雇用断続には資金が必要な物の、今の時代新たに従業員を募集し再出発する方が難易度が高くなります。

【従業員の雇用維持のポイント】

  • 支援金を利用して給料を負担
  • 解雇せず再出発に備える

 

現在雇用している従業員がいる場合は、できる限り解雇しないようにすることで、急激に変化するコロナの状況にも一緒に対象していきやすくなるのです。

逆にコロナ対策のコストカットの為に、従業員やアルバイト店員などを急激に解雇してしまうと、再度人員を採用するのはかなり難しいので注意しましょう。

 

○求人しずらくなった飲食店業界

飲食店業界はコロナ感染リスクなどの観点から、求人を募集しても人が集まりにくくなっています。

アルバイト店員などであっても、できる限り解雇はせず断続的に雇用して乗り切れるよう、支援金などをしっかり活用しましょう。

 

<h2>まとめ</h2>

今回の記事では、コロナ時代を生き残る飲食店のための7つの対策を紹介してきました。

飲食店業界は、大きな影響をを受けましたが、正しい対策と知識があれば損失を軽減できます。

そんな飲食店につかえる、今回紹介した対策は以下の7つになります。

 

  • 運営規模の縮小とコストカット
  • お店の賃貸料金の値下げ交渉
  • モチベーションの維持
  • 支援金の受け取りと活用
  • ダイレクトなマーケティングの活用
  • インターネットの活用
  • 従業員の雇用断続

 

できることから確実に行い、厳しいコロナ時代を生き残るための対策を組み上げていきましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人とモノをつなぐ支援型ECサイト

オンラインヨガ『fly』